2015年

11月

21日

mamatanoワークサロンってどんなところ?~その2~

こんにちは、mamatanoワークサロン、広報担当の横山です。

寒くなってきたので体調を崩す方も多いのではないでしょうか。



私は講師の仕事が多く、喉を酷使するためマスクが手放せません。

先日はマスク・日よけサングラス着用して車を運転中、うっかりそのままコンビニよったら怪しい人になってしまいました。

「白コート+マスク+サングラス」だったので、下手すると通報されるところでしたあせる

みな様お気を付け下さい!





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



さて、今日のmamatanoワークサロンブログは、前回に引き続き会員によりサロン紹介です。

第二回目は、イメージコンサルタントとして活躍中の鈴木奏子(かなこ)さんです。




mamatanoワークサロンに入ったきっかけ

(ワークサロンの前身である)鈴木さや子さんのブログのぐるっぽメンバーで、既にさや子さんと面識があって、さや子さんの想いに共感していたからです。

自分にも何かできることを見つけたい、そんな想いを抱いて参加しました。




mamatanoワークサロンってどんなところでしたか?


一言で表すと、自分の可能性が広がった場所。

子ども繋がりでない新たな人との繋がりができた場所。



入会してなにか変わったことはありますか

私には無理かも、と思っていたことができるようになったこと。

人前で話すことが苦手だった私にとって、勉強会を通して皆さんのスタイルを見ていくうちに、「こうでなければいけない」という思い込みが外れて、私にもできるかも、に変わっていきました。




これからどんな女性になりたいですか

自分の軸がしっかりあって、やりたいことに向かって着実に進んでいけるようになりたいです。

子育てや家族の時間も楽しみ、いつも今が幸せ、と思って毎日を楽しく生き生きと過ごしながら歳を重ねていきたいです。




あなたにとって子育てとは

かけがえのない時間をくれるもの。

子どもの成長を通じて、改めて自分を振り返ったり、自分も育てられているなと思います。




奏子さんからのメッセージ


ワークサロンでは、参加した当初子どもが小さかったので、子ども繋がりでない自分個人として人との繋がりが持てたことが新鮮でした。

様々な年齢のお子さんを持つママが集まっているので、先輩ママがたくさんいたことも魅力の一つ。

そして何よりいちばんの魅力は、参加している方々は様々な分野でプロフェッショナルの知識や技量をお持ちですが、気負いなくゆるっと参加できるコミュニティであることです。

私には何も提供できるものがない、と思っている方、大丈夫です!私もそんな一人でした!!


ワークサロン、気になった方は是非ぜひ勉強会やイベントに来て下さいね!








*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


奏子さん、ありがとうございました。

私はmamatanoワークサロンに入会したのが今年の頭です。

奏子さんの第一印象は「ママ」というよりも「イメージコンサルタントの奏子さん」でした。

ですので、今回コメントをいただいて、「ママ」から「ママ+イメージコンサルタント」へ躍進した奏子さんの軌道を垣間見ることができました。

とっても素敵なストーリーをありがとうございました。

奏子さんの今後のストーリーも楽しみですね。



最後に、現在の奏子さんのプロフィールをご紹介します。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

紹介者プロフィール

私はイメージコンサルティングを通じて、もっと楽しく、もっと素敵に、やりたいと思うことにチャレンジできる、最初の一歩を踏み出すキッカケとなるような、優しく背中を押してあげるような そんな想いで、夢を持つ女性の力になれたらいいなと思っています。

ブログプロフィールはこちら 



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



奏子さん、ありがとうございました!



mamatanoワークサロンは、いつでも仲間を募集中です。